中古ドメインを運営するタイミングについて

中古ドメインを利用してウェブサイトを立ち上げようと考えた場合に運営のタイミングをしっかり決めて動かないと中古ドメインの利点を活かせない場合も多くなっています。中古ドメインの利点は主に3つありますが、それぞれしっかり活用しないと効果がでないばかりか、マイナス効果となることも多くあります。サイトの運営ではコンテンツの制作期間なども踏まえて検討されるわけですが、ドメインを選ぶ作業は先行して行われることが多いです。新規ドメインの場合はそれでも問題ないのですが、中古の場合は製作期間が伸びてしまい、ドメインを適用するのが遅れると効果がなくなっているケースがよくありますのでドメイン取得したらすぐにコンテンツを適用させることが重要です。理由としては中古ドメインの効果の1つである検索サイトでの履歴が消える可能性があるからです。各検索サイトではウェブサイトの情報を保管することが多いのですが、ウェブサイトが閉鎖されてしまったり、ドメインが放棄されてアクセスができなくなると履歴を消してしまうことが多いのです。履歴は新規サイトでの検索順を大きくアップしてくれるものですから活用できなければ意味がなくなってしまいます。そのため、ドメイン取得後はすぐにコンテンツを表示してウェブサイトを復活させなくてはなりません。その際、検索サイト側でのインデックスを調べておいて出来る限りパスを復活させることが大事です。リンクが切れたインデックスは捨てられてしまうケースが多く、評価を下げてしまう恐れがあります。過去の履歴を活かすならリンクも活かすことが必要です。対してバックリンクについては時間とともに消えることは少ないのでリンクの生存だけを注意すれば問題ありません。ただし、リンクについては切れた数が多すぎると検索サイト側でペナルティをかすケースが増えているので要注意です。リンク切れを防ぐには相対パスで作られているウェブサイトを選ぶことが重要です。絶対パスでは手動で対応しなくてはなりませんが、相対パスならCMSやブログ側で対応しやすいからです。中古ドメインは使い勝手の良いドメインが多いですが、サイトが閉鎖されてからどの期間で履歴が消えてしまうか、新規サイトとして扱われるかわかりません。サイトに適用させようと考える場合はドメインの有効期限をチェックし、ドメイン履歴を見られるサービスも利用して閉鎖からの期間をチェックしておきたいものです。

関連記事

  • 中古ドメインを運営するタイミングについて

    中古ドメインを利用してウェブサイトを立ち上げようと考えた場合に運営のタイミングをしっかり決めて動かないと中古ドメインの利点を活かせない場合も多くなっています。中古ドメインの利点は主に3つありますが、それぞれしっかり活用しないと効果がでないばかりか、マイナス効果となることも多くあります。サイトの運営ではコンテンツの制作期間なども踏まえて検討されるわけですが、ドメインを選...

  • 中古ドメインを利用すれば1日で有名サイトになれます

    中古ドメインの効能はさまざまありますが、特に重要視されているのが履歴です。ウェブサイトは作られ、継続して利用されている限り検索サイトで評価されます。評価には差がありますが、記事などがしっかりと評価されているサイトは運用期間が長い方が優先的に検索順位が高くなりやすいです。しかもそのような評価はサイトの所有者が変わっても、ドメインの所有者が分かってもある程度の期間残される...

  • 中国向けに有効な中古ドメインと.orgドメイン

    中古ドメインは検索サイト向けに重要な対策となりますが、検索サイトだけではなく、中国向けのサイトでも効果があると考えられてきています。ドメインにはさまざまな種類がありますが、.orgなどあまり中国で人気がない場合でも中古ドメインを利用することで注目されやすいウェブサイトが作れると話題です。中古ドメインがもてはやされる理由としては旧サイトで作ってきた信頼を引き継げることに...

  • 中古ドメインの再審査とマッピングの重要性

    中古ドメインを利用してウェブサイトを新たに立ち上げる方が増えていますが、その際、中古ドメインならなんでもいいと考えるのは大変危険で...

    ドメイン再審査チェックリストのイメージ
  • 中古ドメインの不利にはWaybackMachine

    中古ドメインはSEO対策に効果が有ると言われています。一般的に中古ドメインはインターネット上でリンクされた経歴があるため、検索エン...

    悩む男性